ゲームクリエイタースクールで学べること


最近女性向け恋愛シュミレーションゲームにはまっています。
女性向け恋愛シュミレーションゲーム・通称乙女ゲーム。
主人公の女の子になりきって登場する男性キャラクターを攻略するゲームのことです。
その男性キャラクターがみんなカッコイイんです!
優しいお兄ちゃんだったりオラオラ系だったり、ツンデレだったり明るく元気な少年だったり……。
世界観も日常を織り交ぜているものもあればファンタジックなものまであって、自分の好きなゲームを選び放題なんです。
色々な乙女ゲームをしているなかで自分が特に面白いと思ったゲームというのは同じゲーム会社から出していることが多いことに気が付きました。
世界観が似ていたり好きなキャラクターの雰囲気が似ていたり……。
どうやらわたしが気に入ったゲームはみんな同じゲームクリエイターの人が関わっているようでした。
こんな面白いゲームを作れる人ってどんなふうにゲームのことを学んだんだ? と興味を持って調べてみると「ゲームクリエイタースクール」という通っていたことがあるそうです。
ゲームクリエイタースクールではまさにゲームを作るために必要な技術と知識を学びます。
頭に浮かんだアイディアを企画として成立させるにはどうすればよいか、ということを考えて企画書を書く授業があり、それをプレゼンテーションします。
人気がありシリーズ化もされているゲームを分析して、どこがポイントになって売れているのかということを結論づけます。
企画以外にも作画を実際に自分で行い、どのようなキャラクターが必要かなども考えていきます。
3DCGや2DCGやプログラミングの基礎、シナリオ会議を開いてシナリオ制作を行いながら文章力も向上させていきます。
ゲームの世界観のアイディアを膨らませるために、歴史などについても学ぶようです。
さらに各ゲーム機器はどの年代の人が持っていることが多いのか? ということからソフトについて企画を提案するターゲットマーケティングも行われます。
ゲームクリエイタースクールではゲームを制作するために必要な技術を身に着けるためのカリキュラムが組まれていますが、そのなかでも一番の特徴が「企業から課題が出される」ことです。
ゲーム会社から課題を出してもらい、出来上がった作品をゲーム会社のスタッフに評価してもらえます。
プロの目線で見て自分の秀でているところや逆に足りない技術を指摘してもらえます。
ゲームクリエイタースクールでは面白いゲームを制作するための技術をしっかりと学ぶ環境があります。
ゲームクリエイタースクールに通って、自分も作っていて楽しい! プレイする人もわくわくする! 作品をたくさん作りましょう。

ゲームクリエイタースクールで学ぼう